2006年02月03日

私の雇用保険のまとめ♪

自分の問題と社労士の教科がタイムリーでした。
それで少し感じたことを・・・

1法33条1項  離職理由による給付制限の法の上では

被保険者が自己の責めに帰すべき重大な理由によって解雇され、
又は正当な理由がなく自己都合によって退職したとき


ー(長音記号1)自己都合の退職って自己の責めに帰すべき重大な理由によって解雇されるのと
同じくらいの給付制限事由だったことにびっくりどんっ(衝撃)
そんなに悪いことだったのかぁ〜雇用保険上ではね。
だから法33条による退職理由についてのいろんな事故のことは
詳しくテキストに載ってないんですよぉたらーっ(汗)
だからまだわからないことがいっぱい。
今度またハローワークに行くときに、いろいろ聞いてみよるんるん
3月末には退職しちゃうしね。

2自分のことについてテキストで調べたりしたけど
まず条文が難しくて、戸惑いました。
やっぱり試験勉強と実践で必要な知識ってかけ離れてるんだろうなぁって思いました。
最初、わたし自分のことを<短期雇用特例被保険者>かな〜
なんておバカなことを思って
ハローワークのおねぇさんに笑われましたふらふらあせあせ(飛び散る汗)

ハロ:短期特例ってのは・・・季節労働者のひとで、事業所自体も決められてるんですよ
   トヨタとかですね。
Mai:でもわたし、短期の雇用なんで該当するんじゃないんですか?
ハロ:この短期の雇用ってのは同じ事業所で一年未満働き、
   そして退職ってのを繰り返してる人なんですよぉ、
   これが常態っていうことです、そういう働き方をしてる人っているんですよ。
Mai:なるほどぉよ〜〜くわかりましたひらめき

3わたしは派遣で半年お仕事したって思ってたんですが・・・
ほんとは5箇月と2分の1つき

給付制限で
待機期間の満了後1箇月以上3箇月以内の間で公共職業安定所長の定める期間は、
基本手当てを支給しない。
法13条1項 基本手当の受給資格者

離職の日以前1年間に被保険者期間が通算して6箇月以上であったとき


法14条1項・2項endこれ難解すぎます。
解説ないと全然理解できませんでした。
ハローワークではたぶんとっても噛み砕いて・・・
7月1日から12月31日まで雇用関係にないと受給資格者になれない!
って言ってくれたのだと思いますが
ほんとは
被保険者であった期間を離職日からさかのぼって一箇月ごとに区分し、
その区分された期間のうち、賃金支払い基礎日数が14日以上あるものを
一箇月の被保険者期間として計算する。
ただし、このように一箇月ごとに区分することにより、一箇月未満の期間が生じた場合は
その期間の日数が15日以上あり、かつ、その期間内に賃金支払基礎日数が
14日以上あるときに、その期間を2分の一箇月の被保険者期間として計算する。

正しくは応当日から一箇月が一区分ですね。

4派遣社員・契約社員の失業保険の適用
ややこしいですね〜〜いろいろバッド(下向き矢印)
ここにいろいろ掲載されてました。

社労士のお勉強じゃないところをいろいろ勉強してしまいました。
あぁ〜〜やっぱり三歩進んで二歩さがってるぅがく〜(落胆した顔)むかっ(怒り)




posted by Mai at 16:01| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。