2006年04月15日

今日の美の巨匠

今日の美の巨匠おもしろかったです目

本日のテーマはダヴィンチのモナリザ

あまりにも有名な作品であるがゆえに
これは本当に名画なのか、という疑問さえ抱いてしまいます。
彼の現存する油絵は、全世界に僅か十数点しかなく、
その中で確実に彼が描いたとされる作品は少ない。
それなのに、彼の絵が絵画史上至高の存在なのはなぜか。




re060415_04.jpg

晩餐する画家たちです。
顔ぶれはマネ、モネ、ミレー、コロー、ルノワール、クールベ、アングル、
ゴヤ、ルソー、ゴッホ、ロートレック、ユトリロ。
設定は天国ですが、撮影場所は箱根大涌谷です。
観光客のみなさんの好奇の視線に耐えながらのロケとなりました。

グッド(上向き矢印)笑ってしまいました。
このシーンすごくおもしろかったんです。
この発想すごいなぁ〜〜って

ダヴィンチ コード読みたいな。。。

posted by Mai at 22:41| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画&読書&音楽&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ダ・ヴィンチ・コードの示すモノ。
Excerpt: 極めて遅ればせながら「ダ・ヴィンチ・コード」を読み始めている。 本棚の余裕がいよいよ無くなって来たので、文庫になるまで待っていたってのも あり、ただ何となく的にもやっと読む気になった。 上中下の3..
Weblog: あいつとおいらはジョージとレニー
Tracked: 2006-04-16 00:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。