2006年06月13日

『シャガールと木の葉』『ブローチ』  

最近わたしが好きな書籍をご紹介します。

本本本本本本本本本本本本本本本本本本本     

谷川俊太郎氏の『シャガールと木の葉』中の同名の詩です。



シャガールと木の葉

 

『シャガールと木の葉』

貯金はたいて買ったシャガールのリトの横に
道で拾ったクヌギの葉を並べてみた

値段があるものと
値段をつけられぬもの

ヒトの心と手が生み出したものと
自然が生み出したもの

シャガールは美しい
クヌギの葉も美しい

立ち上がり紅茶をいれる
テーブルに落ちるやわらかな午後の日差し

シャガールを見つめていると
あのひととの日々がよみがえる

クヌギの葉を見つめると
この繊細さを創ったものを思う

一枚の木の葉とシャガール
どちらもかけがえのない大切なもの

流れていたラヴェルのピアノの音がたかまる
今日が永遠とひとつになる

窓のむこうの青空にこころとからだが溶けていく
……この涙はどこからきたのだろう




「詩は」

詩はかくれんぼしている
出来たての詩集のページで
言葉じゃないものに見つかるのを待っている


本本本本本本本本本本本本本本本本本本本


内田也哉子さんの詩
(父・内田裕也、母、樹木希林 夫 本木雅弘)


ブローチ


最近のお気に入りです。
ブローチは特に女性に読んでもらいたいっていうか、
見て楽しんで頂きたい大人の絵本です。
きっと好きになっていただけると思います。

posted by Mai at 22:35| 福岡 | Comment(14) | TrackBack(0) | 映画&読書&音楽&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
谷川俊太郎さんいいですよね
<夕暮れ>
誰があかりを消すのだろう 夕暮
あんなに静かにやさしい手で空の全部にさわっていって

恋人たちは知っている二人の欲望が消すのだと
子供たちもしっている彼等の歌が消すことを

だが私は知らない
誰があかりを消すのだろう 夕暮
それは私のお父さんではない
それは私の愛する人でもない
それは風でも思い出でもない

誰があかりを消すのだろう 夕暮
私が夜を欲しい時 また私が夜を憎む時
誰があかりを消すのだろう

素敵な『詩』がいっぱいですよね(^^)

..花言葉早速しました「アルストロメリア 凜々しさ」
でした(^^)..maiさんのお庭、花いっぱいですてきですね。紫陽花が大好きです。
私の庭はもっぱら食べ物中心です「レモン・カボス・キュウイ。。夏野菜(トマト・キュウリ・・)」
Posted by まこゾウ at 2006年06月14日 01:15
梅雨どきに、秋のような話題。
Maiさんは超ロマンチックなひとですね。
私も読書したいんですけど、通勤電車の中、出張の行き帰り、ラグビーの試合前(なぜか開始前まで本読んでると試合中に骨折しないで済むのです)ぐらいしか本に親しんでいない現状です。
窓の外の空をときどき見ながら読書するなんていいですねえ。クヌギの葉っぱ拾ってきてしおりにしなくちゃ。どんな木だか知らないんですけど気になる木。
Posted by 二等兵 at 2006年06月14日 09:46
谷川俊太郎さんの詩ってよく知らなかったのですが、
なんてロマンチックな詩なんでしょう。
シャンソンの曲に乗せて歌いたい気分ですね(^^;)
 
曲がなくても、これなら朗読する楽しみってありそうな気がします。
Posted by koppel at 2006年06月14日 13:14
まこゾウさんへ

・・・・ため息付きました。

>誰があかりを消すのだろう 夕暮
>あんなに静かにやさしい手で空の全部にさわっていって

↑こんな優しい表現他にありませんね。
これから夕日を見るたびに優しい手があかりを消すさまを想像するでしょう。。。

アルストロメリア・・・百合水仙
存在だけで周りを明るくしてくれそうなお花ですね。
・・・そう言えば、子供の頃、↑そんな女性になりなさい。
と母に言われたことがあります。
(なぜか母に暗い子供と思われてたらしい)
まこゾウさんちのお庭、めちゃめちゃ素敵じゃないですか。
レモンやカボスの樹があるんですかぁ〜〜
夏野菜いっぱい収穫できますね(*^。^*)
贅沢だなぁ
Posted by Mai at 2006年06月14日 14:16


二等兵さん

わたし今、読書断してるんですよぉ
それで詩とか絵本とかだったら短いのでOKってことにして読んでます。
二等兵さんはじゅうぶん読書の時間摂られてる気がします。
くぬぎ・・カブトムシ取りに行かれたことないですか?
都会育ちさんかな。
樹液が出てるクヌギの木を探しといて朝早く兄と見に行くと
いっぱいカブトムシとクワガタが朝食と摂ってたりしました。
Posted by Mai at 2006年06月14日 14:35


koppelさんへ

竹久夢二さんの詩に
単純で簡潔なものなんですが

・・・・・・・・・・・・・・・

神は田舎を造り
     人は都会を作る

原っぱのかぜのやうに
見まま気ままに 来はきたが

うす紫の ふるさとの
山を見たらば 泣けてきた

・・・・・・・・・・・・・・・

この詩もすきなんです。

koppelさんっぽくないですか?w
Posted by Mai at 2006年06月14日 14:58
竹久夢二さんですか・・・
あんなプレイボーイになりたいな(笑)
私は2ヵ月連続でスピード違反してしまって
憂いボーイですわ(^^;)

オヤジギャグ・・

札幌は何せまだ寒いんですよ。
今日、久し振りに最高気温が20℃超えたところですから。
Posted by koppel at 2006年06月14日 21:09
福岡 雨です。
もうエアコン入れてます。
蒸蒸あちぃ・・・
不快指数上がってます。

竹久夢二ってプレイボーイでしたか。
へぇ〜〜〜(^_^;)

北海道ってついついスピードでちゃいそうですもね!
Posted by mai at 2006年06月14日 22:38
koppel さん

気になってるものがありまするぅ
まりもっこり。。。
まりもっこりほちぃ〜〜〜〜(*^_^*)
Posted by mai at 2006年06月15日 00:39
うちの近所に竹久夢二記念館がありますけどプレーボーイとは書いてないですねえ。でもそう言われてみればそう思えてきますね。ちっきしょー。
(私も読書断ちしようなんていうぐらい読書しないといけないなと思いました)
Posted by 二等兵 at 2006年06月15日 00:59
maiさん>
まりもっこり欲しいんですか?
来週は出張で阿寒湖畔に泊まりますが、テレパシーか
なんかで感づいたのでしょうか(笑)
買ってきましょうか(^^;)

それにしても、まりもっこりってよく見るとスケベオヤジっぽいのですが(笑)

二等兵さん>
竹久夢二って女性関係の派手さで有名だったと記憶し
ています。
母性本能くすぐるタイプだったのでしょうか。
Posted by koppel@仕事中 at 2006年06月15日 10:47
koppelさん

これもMaiさんの物欲のなせる業でしょう。。
自分でこわぃ〜〜〜
でもでも探さなくていいですよぉ
行き先であったらでいいです。ほんとに
一緒にじゃがポックルをおくれ!
なんて絶対言いません!!!
http://www.rakuten.co.jp/dosanko/558989/682583/
楽天で完売してました。。。
おそるべし
これめちゃおいしいんですよね!
全国で売ればいいのに
Posted by Mai at 2006年06月15日 22:31
じゃがボックル、評判は聞いているけど一度も
食べたことないです。
これって土産物屋さんに売ってるのでしょうか?
私も欲しくなってきました。

まりもっこり…
シンクロニシティというヤツですか・・
まりもっこりと運命の出会いをするかもしれません(笑)

Posted by koppel@仕事中 at 2006年06月16日 08:39
土産物屋さんじゃないと売ってないと思います。
でもどっちも人気の商品なので
探さないでいいですよぉ
もしあったらで・・
偶然、そうセレンディピティ(幸運な偶然)が
あったらで。。。(*^_^*)
Posted by Mai at 2006年06月16日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。