,人生はきっと宝探しの旅・・・treasure hunting福岡からおいしいお店探しの食べ歩き  " />

2006年07月28日

浅見光彦・唐津佐用姫伝説殺人事件2

浅見光彦ミステリー唐津佐用姫伝説殺人事件  No。2
って言っても浅見光彦も登場しないし、殺人も起こりませんがw

陶芸家Pさんの車で唐津へ。。。
車は地下街の駐車場にありました。
うへぇ目
ベ○ト○ーのコンチネンタル車(セダン)
この車、フェラーリと同じくらいしますよね。。。。

またお土産ってPさん作のものを今度は10個くらい頂きました。
その中でPさんがとても気に入ってっるって言われてたお茶碗。
TVのドラマをみて・・・そうこの色。。。
テレビでは悲しみの色、佐用姫の涙にも映る夕日の色とされていた
とってもあったかいサーモンピンクー(長音記号2)
わたしもとっても気に入りました。揺れるハート
ドラマみてたらもっと感動したかもw
ミーハーっすねドコモポイント

『これ、置いておくんじゃなくて使ってくださいね。
 使えば使うほどこのピンクが強く出てきてきれいになります。』

このお茶碗においしいお茶を入れて両手で包んで飲む、
手になじむ大きさと手触りのよさ・・・
そしてほんとにどんどんピンクがきれいになっていくんです目
生きて成長してるみたい。
ふしぎ。。。

ドラマでは不思議な黄色い砂を使って。。。出した色
そしてそれを巡って殺人事件が起きたりするんですが・・・
ライバルの陶芸家が
この新しい技法を盗んで先に日展みたいなのに発表して自分のモノにするという。。。

でも今思えば、Pさんが同じことを言ってたような。。。
あんまり覚えてないんですけど。
同じ陶芸家の人に技法をまねようとする人がいて・・・
でもこの色を出すには○山のある場所でしか取れない土と
窯の具合や温度。。。。が必要だと。
でも似たようなのを作ってボロ儲けをしてるとか。。。

話を聞いてて、こんな作品つくる陶芸家の人って
俗世間は関係なく、淡々として作りたいものをつくってるのかなと
思ってたので、ちょっとびっくり。。。
裏でいろいろ煩悩が渦巻いてるのねー(長音記号2)


話はもどって・・・・


そして着いたおいしいお店は
なんと、炉辺焼きふうな居酒屋さん。。。。たらーっ(汗)
えっあせあせ(飛び散る汗)ここ。。。。
大人な和食のお店を想像してたので
ちょっとガッカリバッド(下向き矢印)

でも・・・見かけによらず・・・
ほんとにそのお店、おいしかったのでしたわーい(嬉しい顔)
あのお店また行ってみたいけど覚えてない。

いっぱいおいしいお魚とビールをご馳走になって
満足、疲れて眠くなって・・・
もう帰らなくちゃ。。。

福岡方面へ車に乗って・・・
途中・・・・
唐津シーサイドホテル?ロイヤル唐津ホテル?
どっちかわかんないけど、虹の松原と海を抜けて福岡に向かう道
松林の向こうにきれいなホテルが。。。

『作品を置いてもらってるんです、ここ↑
 いつもは一人で飲むんですけど、わたしの行きつけのバーがあります。
 お店の人にも紹介したいし。。一杯だけいいかな。。。』

そうきたか。。。

ホテルのバー・・・ちょっとデンジャラスだけど。。。
まっいっか、一杯だけ。。。ってお酒も入って気も大きくなってる。。。
うろ覚えだけど、素敵なバーだったような。
ますます眠い。。。。少し心配。。。
Mai『もう帰りましょう、明日仕事だし。。。』

福岡に向かって車で○山付近へ。。。。


『あの・・・この向こうにわたしの窯があるんです。
 ドラマで撮影現場になった場所なんで・・・
 ちょっと見ていかれませんか?
 見てもらいたい作品いっぱいあるし・・・      』

今度はそうくるか。。。

もう12時近く。。。。さすがにまずいでしょ。。。あせあせ(飛び散る汗)
気づくのおそいぞぉ。。。Maiさんダッシュ(走り出すさま)
窯があるとこは人里離れてます。
こりゃ、危険だ!危ない!がく〜(落胆した顔)
ってことで

ここで天然逆切れ攻撃パンチ爆弾
おこちゃまなので眠くてだんだん機嫌が悪くなってきましたちっ(怒った顔)

Mai『わたし、明日仕事なんです。。。。
  もう12時・・・信じられない。。。ちっ(怒った顔)』切れる、、、


なにが信じられないんだか・・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
わたし、最悪わがまま女ですぅー(長音記号2)

突然、めちゃくちゃ不機嫌になったわたしに
Pさんおろおろ・・・・

Mai『早くお家に返してください。。。。。怒』

Pさん『ごめんね。。。遅くなって・・・』


Pさんとしたら
『ここまできて、それはないだろう。。。』
切れたいのはこっちの方だよどんっ(衝撃)って感じだったと思います。

お家に帰るまで。。。
頭の中でミィちゃんとケイちゃんが
踊って歌ってました。。。
SOSexclamation SOSexclamation
ほらほら呼んでいるわ〜〜
今日もまた誰か〜〜乙女のぴんち〜〜〜るんるん

ってことで無事帰り着きました手(チョキ)
おもしろい展開にならなくて期待に添えず
申し訳ない。。。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

それから何度かPさんから電話頂いたんですが・・・
Pさん、当時19歳の子供もいるのに。。。
子供と歳が近いのに。。。
わたしと付き合いたいなんて・・・信じられない。。。
失礼しちゃうわぁ〜〜ってどんっ(衝撃)プンプン!

でも今思うと。。。大人のPさんの気持ち
もてあそんだのはMaiさんのほうかも知れません。
ちょっと切ないですね三日月
今もお一人なのかなぁ〜〜〜


あ。。。忘れてましたが
上記のお茶碗、母が落として真っ二つに割りました失恋
さすがぁむかっ(怒り)
気に入ってたのにな。。。
posted by Mai at 23:23| 福岡 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男は狼なのよ、気をつけなさい。

年頃になあったなら、慎みなさい。

羊の顔していてもココロの中は狼が牙を抜く

そういうものよ〜。


やっぱり、そうかなあ〜?
でも、最後に自分を守るのは自分ですよね。
これもいい経験になったのではないでしょうか。

また(面白いお話)聞かせてくださいね。

Posted by レブンスター at 2006年07月29日 00:47
レブンスターさん

>やっぱり、そうかなあ〜?

わたし、今はそうは思いませんw
もしあの時、窯に着いて行っても
ほんとに作品みせてもらって送ってもらってたかもな。。。
なんて思ってます。

でも違うかもしれませんからねぇ〜〜〜
今頃はMさんの芸の肥やしになっていたかもw

職場で培ったにっこにこの笑顔で
(接客だったので笑顔の練習や相槌やうなずき方まで教えてもらってましたから。。。)
Mさんのお話を『わぁ〜〜すごい〜〜〜』
って仕事延長の聞き上手で知らない間に誤解をさせたのかもしれません。
今はもうすっかり営業スマイル忘れました。

若い時のこの手の話、いっぱいあります。
でもどれも痛いんです、やっぱいい思い出じゃないなぁ。。。
Posted by mai at 2006年07月29日 02:17
天然逆切れ攻撃……そんな手もあるんですね。

やっぱり武勇伝じゃないですか(笑)
酒の席で話したら盛り上がりそうだ〜

でも、当時はそうとう焦ったんでしょうね。
またおもしろい?体験談があったら書いてください〜
Posted by koppel at 2006年07月29日 11:01
危機一髪!だったのか〜っ。
本当に紳士な方なら、こんな時間まで連れ回したりしないし、誤解されないように気を遣うはずです。絶対下心ありましたねー。
でもいいなあ〜、一度ベンとレイに乗ってみたい・・・。
Posted by りん at 2006年07月29日 21:19
koppelさん

天然逆切れ攻撃とは・・・
怖いもの知らずが突然起こす攻撃です(^_^;)
悪人には通用しませんw

昨日、koppelさんの気になってるラーメン屋さん
玄英の近くに行って来ました。
びっくり。。。長蛇の列でしたよぉ
中が全然みえないんですねよ。あそこ
行ってみたいです。
でも最近の暑さでラーメンと遠ざかってます。
Posted by mai at 2006年07月30日 17:28
りんさん

暑いですね。。。。
夕方じゃないと外にできる気がしませんね。

たぶんMさんには自信があったんでしょうね〜
わたしにその気あり!とみての行動かと。。。

陶芸家は儲かるのか?とわたしも思いました、
あの車
Posted by Mai at 2006年07月30日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。