2006年08月24日

父と暮せば

父と暮せばみましたか?
いい映画でした。。。しみじみ
原爆投下から3年後の火曜日から金曜日
井上ひさしのちょっぴりコミカルな設定GOODでしたねexclamation

titito.jpg

宮沢りえ、原田芳雄・・・二人ともすばらしかったです。

原爆瓦のこと初めて知りました。。。
怖いです・・・
前にも書きましたが、本当は、戦争物作品は少し苦手です。
眼を背けていてはいけない物だとは解っているけど、
どうしたって気が重くなるし、
ほとんどは義務感でみてましが。
でもね、この映画はちょっと違います。

『おとったん、ありがとありました。』
広島弁ってかわいいんですね。
なんかほんわかしてきれいなラストシーンでした。
前向きになれる作品です。


丸木美術館のこと、ちょっと前に美の巨人でみました。


『ヒロシマ、ナガサキの話をすると、
「いつまでも被害者意識にとらわれていてはいけない。
あのころの日本人はアジアに対して加害者でもあったのだから」
と云う人たちがふえてきた。
たしかに後半の意見は当たっている。
アジア全域で日本人は加害者だった。
しかし前半の意見にたいしては、あくまで「否(いな)!」と言いつづける。
あの二個の原子爆弾は、日本人の上に落とされたばかりではなく、
人間の存在全体に落とされたものだと考えるからである。
あのとき被爆者たちは、核の存在から逃れることのできない二十世紀後半の世界中の人間を代表して、地獄の火で焼かれたのだ。
だから被害者意識からではなく、世界五十四億の人間の一人として、
あの地獄を知っていながら、
「知らないふり」することは、なににもまして罪深いことだと考えるから書くのである。

おそらく私の一生は、ヒロシマとナガサキとを書きおえたときに終わるだろう、
この作品はそのシリーズの第一作である。
 どうかご覧になってください。』
グッド(上向き矢印)は井上ひさしさんの言葉です。
posted by Mai at 22:39| 福岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | 映画&読書&音楽&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しかも、長崎の原爆で亡くなった人数よりも、昭和20年3月10日未明の東京大空襲で亡くなった人数のほうが多いんですね。(長崎=7万4千人死亡。東京大空襲ひと晩で8万8千人死亡)
カーチス・ル・メイ司令官の米陸軍戦略爆撃団は、まず風下の川沿いを爆撃して、次に風上から一斉に爆撃。要するに逃げ場をふさいで市民全員を焼き殺したわけですね。むごい戦法ですよ。原爆もひどいけど、逃げ場をふさがれて爆撃され、生き残った市民もP51ムスタング戦闘機に追いかけられて20ミリ機関砲で機銃掃射はじから撃ち殺されたんですから。アメリカ人って日本人なんて人間だと思っていないですよね。(今でも本音ではね)
Posted by 二等兵 at 2006年08月25日 01:36
ヒロシマ、ですね。
実は映画じゃないんですが、私も帰省中に小説読み
ました。田口ランディさんの「被曝のマリア」という
本です。

いろんなこと考えさせられる小説でした。
戦争を知らない世代が原爆について考えることがいか
に大変なことかを赤裸々に語っているように思えまし
た。

maiさんのように少し重く感じる人にお勧めです。
コミカルでもなんでもないけれど、田口ランディさん
の正直さも伝わってきて、そこは好感持ちました。
週末にブログに感想をアップする予定ですが。

短編小説の連作集なのですが、表題の小説はちょっと
ヒロシマの話からは離れてますね。何か違うんでない
か、って思いましたが。

今年の5月に出たばかりの本なので、普通の本屋さんにも
平積みしてるかもしれませんよ。
Posted by koppel@上司不在でサボり気味 at 2006年08月25日 09:43
koppeiさんはランディをご存知なんですね。とてもナマイキな女だけど(だからランディって名乗っているんだろうけど)、実は裏では結構気ぃつかってくれたりする人なんですよ。 まだ小説などでお金を稼ぐ前にパソコン通信のメールで(趣味で)書いた小説を同じフォーラムのメンバー全員へいくつか送ってくれたことがあったんですけど「この人、作文じょうずだなぁ」ってびっくりしましたよ。(当時の田口さんは株式会社北北西っていう会社の社長だった)実際会ったときのランディの話の強烈さと当時の作品のやさしい感じが、あまりにも違うのでそれにもびっくりしましたけど。でもプロになってからは人格と作品が一致してきました。
私が転勤するときに浅草のミリタリーショップで海軍の制帽を買ってきて餞別にくれたんだけど二等兵は陸軍なんですよ。勉強が足りないですよね。
Posted by 二等兵 at 2006年08月25日 10:22
田口ランディさんって名前だけきいたことあるくらい。。。
男性だと思ってました。
今度読んでみます。
楽しみ、ご紹介ありがとぉございます(*^_^*)
Posted by Mai at 2006年08月25日 18:51
二等兵さん>
田口ランディさんとお知り合いだったんですね。
すごい。
私は、ネットで評判の小説家、ということしか知らなくて作品読んだのは初めてです。
確かフォーラムはニフティでしたっけ。

それにしても最近の小説って値段安いですね(笑)
買いやすいので助かりますが。

maiさん>
読んだら感想お聞かせください。
それから、今日が試験日なんですね?
平常心で頑張ってくださいね。
Posted by koppel at 2006年08月27日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22767552

この記事へのトラックバック

『二重被爆』通信スタートしました
Excerpt: はじめまして 記録映画『二重被爆』製作委員会スタッフの黒田と申します。 この日記では作品の製作秘話や上映情報、活動記録など いろんな情報を載せて行きたいと考えてます。 現在、宣伝活動を頑張って..
Weblog: 『二重被爆』通信
Tracked: 2006-08-26 16:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。